日常のトピ

たまにどヘタ漫画

その他

対義語 その2

・天使のはね→悪魔のわき ・クックックッ・・・黒マテリア→シッシッシ・・・シロツメクサ ・暗黒ヤング伝説→快適シニア生活 ・君がッ 泣くまで 殴るのをやめないッ!→俺がッ 泣きやむまで あやすのをやめないでッ! ・コンクラーベ→ギブアップー

対義語

・笹の葉さらさら→にんじんしりしり ・俺の胃袋は宇宙だ→私の尿道は個室トイレです ・騎士団長殺し→死ね死ね団員生かし ・ミニにタコ→ビッグカツ(スペシャルソース味) ・でも幸せならOKです→ゆえに不幸せならKOする

ただの雑記

近所に小さな古本屋があって、そこの店主に「20代で五木寛之を読んでいるのは君くらいだよ」と言われた。これは本に限った話ではないけど、趣味嗜好を年代でくくるのは意味がないと思う(棲み分けは必要だけど)。 例えば、中学生女子が『暮しの手帖』や『週刊プ…

バルタン星人と仲良くなる方法

先日、バルタン星人に襲われる夢を見ました。実は、バルタン星人に襲われる夢を見たのは二度目です(知らんがな)。二度あることは三度あると言いますし、夢の中とはいえ怖い思いをするのは嫌なので、今回は、バルタン星人と仲良くなる方法を考えてみたいと思…

『IPPONグランプリ』について思うこと

いやぁ、昨日の『IPPONグランプリ』はおもしろかったですね(なんだこの書き出しは)。私はIPPONグランプリが大好きで、毎回楽しみに視聴しています(視聴し続けている唯一のテレビ番組です)。 IPPONグランプリという番組はとても素晴らしいのですが、1つだけ気…

「捨て曲」と「見せパン」

私は音楽が大好きで、CD(だいたいアルバム)をよく買うのですが、その際に気になるのが「捨て曲の存在」です。よく、「捨て曲なしの名アルバム!」という惹句を目にするのですが、そもそも捨て曲なんていうものは収録しないのが当たり前であって、なぜそれをセール…

冷凍うどんという力強い味方

7月に入りましたね。予想以上に涼しい日々が続いており、「夏の本気」に今から戦々恐々としております。 さて、今回は、冷凍うどんについて書いてみようと思います。20代後半の現在に至るまで、「冷凍うどんが嫌いだ」と主張する人に遭遇したことがありません。 …

『なっちゃん』の魅力

少しずつ暑くなってきましたね。夏も近いです。さて今回は、『なっちゃん(サントリーが製造・販売している清涼飲料水)』について書いてみようと思います。私はなっちゃんが大好きで、ほぼ毎日飲んでいます。発売当初(1998年)から飲んでいるので、なっちゃん…

朝という時間帯について

ゴールデンウィークに入りましたね。どこもかしこも混雑しています。まぁ、私の場合は、近所のスーパーぐらいしか行くところがないので、ほとんど影響はありませんけどね(悲哀)。 さて、今回は、「朝という時間帯」について書いてみようと思います。大勢の人は…

『きのこの山』発売40周年に思うこと

4月になりましたね。新社会人のスーツ姿がまぶしい今日この頃です。今は希望に満ちあふれた表情を浮かべている彼(女)達も、数年後には憂いに満ちた表情を浮かべるようになる(勝手な決めつけ)ことを想像すると、なんともやるせない気持ちになります。そんな(…

子供は苦手だけど好き

私は子供が苦手です。子供が苦手な理由は二つあります。「声が大きいこと」と「阿呆みたいに走り回ること」です。以下に詳しく書いていきます。 声が大きいこと 「声が大きい」というだけで、反社会的な要素を十分に満たしていると思います。「声量のコントロールが…

虫歯の話

私の人生の大半は、虫歯と共にあります。6歳の時に受けた健康診断で「6個の虫歯」が見つかってから現在に至るまで、数多くの虫歯達と過ごしてきました。その当時、「年齢と同じ数の虫歯をもつ男」として、小学校内で名を馳せていました。私の輝かしい栄光の一つ…

運動会の思い出

もうすぐ秋です。秋といったら、運動会です。今年も「運動会総合優勝」という、この上ない栄誉をかけた闘いが始まります。20代の私からすれば、「そんなもん、屁の突っ張りにもならねぇや」という感じですが、当時の私は、「是が非でも優勝したい!」と意気…

私のラジオ史

先日、吉田照美さんの「ラジオマン」を読みました。吉田照美さんと言えば、「てるてるワイド」や「吉田照美のやる気MANMAN!」などの人気番組を担当した、「ラジオ界のスーパースター」です。 本書は、吉田照美さんの少年時代から、アナウンサーになったいきさつ、そ…