日常のトピ

たまにどヘタ漫画

『ぼくのなつやすみ2』のレビュー

 

このゲームのあらすじは以下の通り。

1975年8月。母親が出産準備に忙しいため、夏休みの一か月間、「ボク」は親戚の家にあずけられることになった。島に向かう船上から物語が始まるのだが、風にたなびく主人公の髪が気になって仕方がない。もう髪質がペラッペラのツヤッツヤで、将来の禿頭は確定的だ。ボクくんと私の髪の将来が心配である。

船に同乗している靖子お姉ちゃん、通称「靖子おネエ」は島に向かって、「靖子が帰ってきたぞー!」と怒鳴り散らす。「若さだけがとりえのくせにうるせぇな」というボクくん(9歳)の声が聞こえてきそうだ。もちろん、ボクくんの思考には、私の思考が反映されている(ややこしい)。

ゲームを開始してすぐに、多くの登場人物の鼻が「>」なのが気になった。正面から見て「>」なのも違和感があるが、横から見たときに鼻が完全に平らなのには恐怖を感じた。島に来る人間は全員、鼻をそぎ落とされて彫刻刀かなにかで「>」の形に彫られてしまうのだろうか。実に恐ろしい。

島に無事到着したのは良いのだか、本当になにもない。主人公の宿泊場である「茜屋」は、訪れた者にお世辞の一切を許さない独特の存在感を放っている(というかただのボロ宿である)。娯楽場もなにもないし、おばさんは「晩ごはんクイズ」なる、しょーもないものを毎日繰り出してくるし、それに正解しても「大正解~パフパフ(SE。ドラクエのアレではない。40過ぎのおばさんのパフパフには・・・興味あるな。うん)」だけだし。ムムッ。

そして茜屋には、邪険にされながらも長期滞在している、ヒッピーくずれの金髪ロンゲカメラマン「サイモン」なる人物がいる。サイモンの部屋に置いてある「タバコのにおいがするカバン」が嫌だった。どれぐらい嫌だったかというと、「サイケデリックな雰囲気を醸し出す年増女」ぐらい嫌だった。

また、ボクくんにあてがわれた部屋も気になった。ボクくんの部屋は、トイレの真横に位置している。これは、「坊やはどうせ寝ションベンをするだろうから、予防策としてトイレに近い部屋を用意したのよ。ホホホ。私ってキレイ?」という、おばさんの配慮なのだろうか。ババアめ・・・サンキュ。

 

最も印象に残っているのは、廃屋に置かれていた「すっごいエッチな本」だ。ボクくんには、天真爛漫を装って、本好きの靖子お姉ちゃんに「これなんの本?」と冷静にそして執拗に迫って反応を楽しむか、カメラマンのサイモンに高値で売りつけて金を稼ぐかして欲しかった。それぐらいのバイタリティをボクくんは持っているはずである。

何もない島ではあるが、走り回っているとあっという間に日が暮れる。夜の11時になると主人公が挙動不審になり、そのまま寝室まで連行されて、絵日記を書いて就寝となる。なんとも健康的な一日だ。このゲームのおかげで、とても楽しい夏休みを過ごすことができた。ボクくんの将来と髪の毛に幸あれ。