読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日常のトピ

たまにどヘタ漫画

アマゾンのレビューについて

 

先日、樋口毅宏さんの「タモリ論」を読みました。私は面白いと感じましたが、読了後にアマゾンのレビューを見てみたら、星一つのレビューがズラリと並んでいて、とても驚きました。

 

星一つのレビューの多くは、「タイトル詐欺だ!」というものでした。確かに、本書の内容は、「お笑いBIG3(ビートたけし明石家さんまタモリ)」についての言及が多く、「タモリ論」と銘打つには、かなり無理があるように感じました。

 

タモリ論」というように、対象を限定して、規模を狭めたがために、様々な誹りを受ける結果となりました。「タモリ論というタイトルだから買ったのに、なんだこの内容は!」という感情的なレビューが並ぶのも無理はありません。仮に、私が本書のタイトルを付けるとすれば、「私が見るBIG3」という感じですかね。全く売れないであろうことは想像に難くありません。やはり、タイトルは大事です。

 

「タイトルと内容の乖離」がやたらと言及されていますが、その点以外にとくに気になる部分はありませんでした。内容は面白く、「買ってよかったなぁ」と素直に思いました。全てのレビューをチェックしてみましたが、私のような感想を持つ人は、かなり少数派みたいです。ふーむ。

 

やはり、事前の期待値が高すぎたということが、これほどまでに星一つのレビューが並ぶ最大の要因なのだと思います。齋藤智裕さんの「KAGEROU」の場合と同じですね。KAGEROUは、「俳優・水嶋ヒロの処女作!」「ポプラ社小説大賞受賞作!」といった、様々な惹句に彩られたおかげで、期待値が最大限に膨れ上がった状態で発売されました。その結果は、推して知るべしです。

 

KAGEROUが発売された当時、私は大学生でした。KAGEROUが発売されてから一ヶ月ほど経った頃に、「KAGEROU読みました?」とアルバイト先の小説好きの先輩に聞いてみました。先輩は、「アマゾンのレビューで散々だったから、買わない」と言いました。私は、「それ程までに、アマゾンのレビューに振り回される人がいるんだなぁ」と感心しました。

 

家電製品などの機能性が重要な商品ならまだしも、娯楽小説の購入の可否をレビューに委ねるというのは、新鮮な驚きでした。それと同時に、「一元的な物の見方」に恐怖を感じました。

 

よく、発売されたばかりの商品に星五つのレビューが並ぶことがあります。レビューの投稿者をチェックすると、同系統の商品のレビューばかりを書いていたり、中には、その商品だけレビューを書いている人もいます。そのようなレビューを見るたびに、「いくらでも情報操作が出来るなぁ」と思います。

 

もちろん、どこの媒体でも、程度の差こそあれ、そのようなことはやっていると思います。それらの全てを規制することは不可能です。ただ、アマゾンに限らず、レビューを参考にして、購入の可否を決めるという人は一定数います。それらの人達がポジティブなものであれ、ネガティブなものであれ、感情的で偏ったレビューに翻弄されてしまうのは、とても残念なことです。

 

そのような小さな不満の鬱積は、大げさですが、社会不安にもつながります。「たかかレビューじゃないか」と思う人もいるかもしれませんが、「されどレビュー」なのです。一人でも多くの人がネットを気持ちよく利用出来るように、各々がポジティブな理想を掲げ続けることが大切なのだと思います。

 

広告を非表示にする