読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日常のトピ

たまにどヘタ漫画

『孤独の価値』 森博嗣

 

内容 人は、なぜ孤独を怖れるのか。多くは孤独が寂しいからだと言う。だが、寂しさはどんな嫌なことを貴方にもたらすだろう。それはマスコミがつくったステレオ タイプの虚構の寂しさを、悪だと思わされているだけではないのか。

現代人は〈絆〉を売り物にする商売にのせられ過剰に他者とつながりたがって〈絆の肥満〉 状態だ。孤独とは、他者からの無視でも社会の拒絶でもない。社会と共生しながら、自分の思い描いた「自由」を生きることである。人間を苛む得体の知れない 孤独感を、少しでも和らげるための画期的な人生論(「BOOK」データベースより)。

 

本書は、作家の森博嗣さんが、「孤独という事象」について、様々な角度から考察を重ねたものです。

「孤独」と聞くと、多くの人は、「寂しい」「悲しい」「つらい」というようなネガティブなイメージを想起しがちですが、そのイメージの大部分は、メディアの影響によるものではないかという指摘をしています。

孤独を感じたときに、ただネガティブなイメージに打ちひしがれるのではなくて、「孤独の実体」に対して、自分なりの方法で向き合うことが大切です。「自分は今、『孤独だ』と感じたけど、それは一体、どういうことなのだろうか」というように、孤独という事象をそのまま受け入れるのではなく、「思考というクッション」を置くことで、「孤独を感じている自分」と冷静に向き合うことができます。「しっかりと孤独と向き合う」という行為が重要です。

孤独というと、「他者を無視して、我が道を行く」というような「自分勝手」なイメージを思い浮かべがちですが、そうではないのです。孤独とは、「相手の立場を尊重して、お互いに認め合う」という確かな基盤の上で、初めて成り立つものです。

孤独は、「他者を拒絶する」ことではなく、「他者という存在を強く意識した上で、慎重に選び取る」ものです。そこには、「相互理解と人間性の尊重」という、社会的生物である人間にとって不可欠な姿勢が存在しています。

本書の最終章には、「孤独を受け入れる方法」と題して、孤独とじっくりと向き合うための具体的な方法が挙げられています。ここでは列挙しませんが、そのほとんどは、「まっとうなもの」です。「なんだ、こんな方法か。普通だな」と思う人もいるでしょう。

しかし、「まっとうで、普通で、身もふたもないもの」こそが、「最も実用的なもの」です。例えば、禁煙をしたいけど、なかなか実行に移すことができない人に対してできるアドバイスは、「たばこ、やめたら?」以外にありません。実用的なアドバイスこそ、最も効果的な対処法です。他者にできる最大の貢献は、道理を説くことです。

まとめになりますが、本書に書かれていることは、「孤独を忌避せずに正面から向き合ってみると、様々な発見がある。そして、それらの発見は、『人生をより豊かにする可能性』を秘めている」ということです。本書に繰り返し書かれていますが、孤独について考える時間というのは、とても貴重で、有意義なものです。本書を読んで、「孤独とじっくりと向き合うことの尊さ」を実感しました。

 

広告を非表示にする