読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日常のトピ

たまにどヘタ漫画

『ルポ 中年童貞』 中村淳彦

 

性交渉未経験の男性がこの20年間、増え続けている。いまや30歳以上未婚男性の4人に1人が童貞だ。オタクが集うシェアハウスで理想の女の子の絵を描き続ける32歳、容姿への自信のなさから同性愛を選択した36歳、AV男優に採用されたが女優に嫌がられセックスできないまま自殺した33歳―。彼らに共通するのは、過剰なプライドの高さ、コミュニケーション不全、潔癖な女性観だ。童貞というコンプレックスは彼らの社会的な自立をも阻害する。性にまつわる取材を続ける著者がえぐる日本社会の不健全さ。衝撃のルポルタージュ。「BOOK」データベースより。

 

本書は、ノンフィクションライターの中村淳彦さんが、介護施設の運営を通して出会った「中年童貞」を軸にして、現代社会の様々な問題点を浮き彫りにしたルポルタージュです。小見出しには、「女性の裸を見て嘔吐する」「童貞は妄想の中で捨てた気がする」といった、衝撃的かつ不可解な文言が並んでいます。

 

本来、個人的なものであるはずの性の問題は、社会問題と密接な関係にあります。この2つの事象の間の「歪み」が、現代社会に様々な形で表出しているというのが現状です。この歪みに上手く対応できている人もいれば、歪みに振り回されて我を失い、犯罪や、限りなく犯罪に近い行為に手を染める人もいます。両者の違いを「ただの個人差」として片付けるのではなく、その根底に目を向けて、「中年童貞という性質」をクローズアップした筆者の功績は非常に大きいと思います。

 

余談ですが、現代においては、童貞と素人童貞を一緒くたにするという風潮があります。かくいう私は素人童貞なのですが、童貞と一緒の扱いを受けることに対しては、憤怒の念を表明します。そもそも、風俗嬢というのは、「素人を内包した玄人」です。そのため、風俗嬢と一度交われば、「素人と玄人の両方と関係を持った」ということになります。図にするとこうなります↓

f:id:notopi:20151001035355j:plain

 これは単なる屁理屈ではありません。例えば、芸能人と結婚した一般人を指して、「一般人未婚」とは言いません。芸能人というのは、「一般人を内包した芸能人」であり、「芸能人という独立した存在」ではないのです。以上、素人童貞の主張でした。

 

 閑話休題。本書の元になった「ルポ中年童貞」がウェブサイトに掲載されたときは、「中年童貞への差別だ」「中年童貞への偏見を助長する」といったような批判を浴びたそうです。しかしながら、「ルポ中年童貞」の素地にあるのは、「ただの印象や、なんとなくのイメージ」ではなく、「筆者の体験を元にした、身体実感を伴った事実」です。いくら「外の人」が、「それは違う」と批判したとしても、「中の人」からすれば、「自分が体験したことを元にして書いているので、違うと言われても困る」としか言いようがありません。

 

童貞という問題(問題と捉えるかどうかは人それぞれですが)は、非常に繊細で、非常にやっかいなものです。「童貞かどうかなんて、どうでもいいではないか」という意見もありますが、「童貞という呪縛」に苦しんでいる人が相当数いる、というのは厳然たる事実です。童貞に限らず、あらゆる問題の原因が個人に委ねられている時代ですが、個人で解決できる問題というのはごくわずかであり、その範囲も極めて限定的です。言うは易く行うは難しですが、「社会的な枠組みの中で、一人でも多くの人を救済していく」という理想を掲げ続けることが大切なのではないでしょうか。

 

広告を非表示にする