日常のトピ

たまにどヘタ漫画

『とるこ日記』 定金伸治 乙一 松原真琴

 

自称「半ひきこもり」の若手作家3人が事前準備も計画性も確たる目的もなく、未知の大地・トルコへ旅だった!誤りマシーン(定金)&ミスター湿ったシャツ(乙一)&ジャージっ子(松原)は、イスタンブール、パムッカレ、カッパドキア、エフェス…etc.で何を見た!?WEB連載で大好評を博した「役に立たないダメダメ珍道中記」。(「BOOK」データベースより)

 

本書は、作家の定金伸治さん、乙一さん、松原真琴さんによる、トルコ旅行記です。「なぜこの3人で旅行に行ったのだろうか」と不思議に思う人もいるかもしれませんが、この3人には「ジャンプ小説賞受賞者」という共通点があります。3人が織りなす「絶妙な不協和音的会話」には、一読しただけで虜になるほどの魅力があります。

 

「とるこ日記」というタイトルからもわかるように、本書の内容は「果てしなくユルユル」です。そのため、「トルコに行く予定があるので、本を読んで予習しておこう」という真面目な人向けの本ではありません。本書は、寝そべりながらパラパラと眺めて、「あぁ、アホなことをやってらぁ」とほくそ笑むための本です。

 

文章内の文言にいちいちツッコミが入るため、若干読みづらいというデメリットはありますが、それを補って余りあるほどの面白さが本書にはあります。「カタくない作家達」の心地良いタガの外れ方を是非一度、味わってみて下さい。

 

広告を非表示にする