読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日常のトピ

たまにどヘタ漫画

『城塞』 司馬遼太郎

 

大阪冬の陣、夏の陣をテーマにした作品です。徳川家康などの「大人物」だけではなく、小幡官兵衛などの「小人物」にも積極的にスポットライトを当てて、豊臣家の滅亡を立体的に描いています。

 

本書には様々な人物が登場しますが、その中でもとくに強い存在感を放っているのが、徳川家康です。古今東西に類を見ないほどの「悪徳政治家」である徳川家康は、その陰険さ、執拗さ、残忍さを最大限に駆使して、豊臣家を滅ぼしました。その徳川家康に関する記述の中で最も印象に残った箇所を引用します。

 

「かれはその半生において、三人の強者の下請けをつとめた。年少のころは駿河今川義元であり、青年期から壮齢にかけては織田信長であり、老熟期には豊臣秀吉であった。この三人に対し、家康はそれぞれのかれの時代ごとにみごとな弱者を演技した。

三人の強者はかならずしもかれを優遇せず、義元は苛酷であり、信長にいたってはときに冷酷でしばしば家康を生死の苦境に立たせたが、家康は羊のように従順で、驢馬のように臆病めかしく自分をみせ、反逆のけはいもみせなかった。秀吉は家康を警戒しつつも優遇し、まるで豊臣政権の賓客であるかのように鄭重にあつかったが、家康はその優遇にあまえず、秀吉の威を心からおそれるようにふるまった。

秀吉の死後の家康は、豊臣家に対してはまったく別人である。ながい歳月をかけてみがきぬいた善人稼業を一夜でやめてしまった。と同時に身をひるがえして史上類のない悪謀家になったあたり、家康を英雄とすれば、かれのように人格演出の巧妙な類型は古今東西にない。」

 

徳川家康という人物を一言で表すならば、「冷徹なビジネスマン」です。今川義元織田信長豊臣秀吉といった上司の横暴にひたすら耐えてトップになった後は、それまでのうっぷんをはらすかのように、有形無形の悪事を働きました。

 

徳川家康が働く悪事というのは、「世間一般の人が思い描く悪事」とは一線を画すものででした。例えるならば、「即効性の毒」ではなく、「遅効性の毒」です。相手の無意識下に毒をひっそりと潜ませておき、相手の心身の自由をじわじわと奪っていくという、非常に残忍な手口を多く用いて、数多の政敵を退けました。

 

現代人に徳川家康が不人気なのは、「あまりにもビジネスライクすぎたから」だと思います。「権現様」という異名からもわかるように、徳川家康という人物は、人間性を意識的にそぎ落として、神と肩を並べようとしました。

 

もちろん、徳川家康は、自らの欲望を満たすためだけに神格化を目指したのではありません。「徳川家の存続」という大願を成就させるために、自らを神格化したのです。ただ、徳川家康の場合、その「神格化の意図」をそのまま素直に受け止めることができません。「痛い腹だけではなく、痛くない腹も積極的に探られ続けた」のが徳川家康の人生であると言えます。狸のお腹は真っ黒け。

 

広告を非表示にする